topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
 スタッフのつぶやき
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
こちらも準優勝校。
順天堂大の選手たち。

 あと一歩の順天堂大は、力を出し切った笑顔とタイトルを取り逃した渋い顔が入り混じっていました。


西森彰
| 大学サッカー | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0)
「サッカーダイジェストの表紙にしてください」
表彰式後の早稲田大学女子部の集合写真。

 全日本大学女子サッカー選手権で優勝した早稲田大学の皆さんです。タイトルは記念撮影中に選手の方々から出ていた声ですが、他誌の編集権はありませんので、ご要望には応えられません(笑)。

 とりあえずこちらに。


西森彰
| 大学サッカー | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0)
準優勝校。
準優勝の東京女子体育大学。

 こちらは準優勝の東京女子体育大学の皆さん。優勝チーム以上の笑顔です。


西森彰
| 大学サッカー | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0)
総力戦で勝ち取った栄冠。
結局は、どんな試合も総力戦。

 早稲田大学体育局ア式蹴球部女子が、インカレで初優勝しました。堀飯豊監督は「今年は、男子が2部優勝したし、女子も続きたいと思っていました。コートを半分使用させていただいたり、男子チームには本当にご協力いただきました。まだまだ男子の輝かしい歴史には及びませんが、女子も頑張っていきたいと思います」と、男子チームの協力への感謝がまず出ました。

 部員は僅かに24名。しかし、佐藤衣里子、渡辺夏奈、河田優、岸星美の4名は、ユニバーシアード・イズミル大会にも参加しました。チーム別に分けると、早稲田の4選手が最多。もちろん、彼女たちが見せた個の強さが優勝の原動力です。その一方で、このチームには大学に入ってからサッカーを始めた選手も4名います。

「もちろん、サッカーの技術という面では、ユニバーシアードで日の丸をつけた選手たちとは比べ物にはならないかも知れません。でも、彼女たちのチームへの献身があってこその結果なんです。それをレギュラーメンバーにも伝えたいと思います」と堀監督。雨中の準決勝でスタンドから声援を送ってくれた応援団にも感謝の言葉を述べていました。そこまで含めて、チーム力なのでしょう。


西森彰
| 大学サッカー | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
2002world.com
PROFILE