topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
 スタッフのつぶやき
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
本気の優勝宣言
 決勝進出を賭けたアメリカ戦。そして銅メダルを賭けたドイツ戦。最後の2試合に勝てなかったことが、ちょっぴり残念でした。ただ、私の「残念」は「何かの間違いでいいからメダルを持ち帰らせてあげたかった」というレベルであり、いっぽうで充足感もあります。言わば、腹八分目の北京五輪。

 でも、実際、ピッチでゲームをやっていた選手たちは、メダルを現実の目標として捉え、それを達成できなかった悔しさもあるようです。アルビレックス新潟レディース戦終了後、福元美穂選手とともに、岡山湯郷Belleのファンへ挨拶を行った宮間あや選手は、真っ先にこう言いました。

「北京五輪で優勝するために頑張ってきたんですけれども、その夢を叶えることはできませんでした」

 日頃から「どんなに大きなトーナメントであっても優勝を目指し、どんな強敵との試合であっても勝利を目指す」と広言して憚りません。それが大言壮語やリップサービスに聞こえない。目標達成のため、持てる力の全てを出し尽くしているからです。夢破れた時にも「仕方ないよ。あそこまでやったんだから」と周囲が納得できるのです。

 さて、そんな宮間選手にも五輪のエピソードをいくつか披露してもらいました。

 ニュージーランド戦でPKを決めた時も、ノルウェー戦で先制点を奪われた時も、すぐにセンターサークルへボールを戻そうとした宮間選手。ニュージーランド戦で澤選手のゴールをアシストした時に抱き合って喜んでいたのは、もう一度チームの士気を高めるためだったようです。

 だから「喜んでいる時に誰もボールを取りに行かなかったのはどうなんですか?」と尋ねると「うーん……。まあ、そうかもしれませんけれどね」。そうは言いながらも、納得がいかない顔つき。もちろん、あの部分を切り取って「喜んでいたのは『引き分けでもよし』と思っていた証拠」と捉えられるのは心外なようです。

「最後までゴールを狙って攻めていたところを見てもらえば、『引き分けでよし』と考えている選手なんて、ひとりもいなかったことは、わかってもらえると思います」

 実際、最後の決定機は、阪口夢穂選手のヘディングシュート。アーリークロスをゴール前で合わせるところまで、ボランチが上がってきていたわけですからね。

 アメリカ戦以後、巻かなくなった足の包帯については「包帯をするのも嫌だったし、それを相手に見られるのも嫌だった。だからドクターに頼んで取ってもらいました」。

 もうひとつ、3位決定戦後の「アメリカやドイツはチームがひとつになっていた」というコメントについて。その真意は「『日本がバラバラだった』ということではなく、『アメリカやドイツのひとつと日本のひとつではレベルが違った』ということ。日本チームはその段階でできることを全員がやっていたと思いますけれども、メダルをとるためには、もう一段上のひとつになる必要があった。それがわかったということです」。



「サッカーは止める、蹴るだけじゃない。チームがひとつになることが大切」と再確認し、これを湯郷Belleのチームメートに還元しようと努める宮間選手。2年ぶりのAクラスへ向けて全力を尽くします。

 もっとも、本人は本気で優勝を狙っていると思いますが……。


西森彰
| オリンピック | 23:14 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | -
コメント
退場後、放心したような表情をしていた東山選手を見ていて、後遺症を心配していたのですが、すぐに立ち直ったようですね。

新潟は良くも悪くも波があるチーム。日テレや浦和からも勝ち点を取れるだけのポテンシャルはあるのですから、まだまだ残留の可能性はあります。

サポーターの皆さんも頑張ってください。
| 西森 | 2008/09/22 2:33 AM |
ありがとうございました
胸の痞えが取れた気がしました

確かに同じ人間という視点で見れば
ちゃんとジャッジした時にも文句を言われる審判は
かわいそうかもしれませんね

あの時退場になった選手は
『あれは人生初の出来事でした
いい経験になりました』と笑って言ってました

選手もサポータも切り替えて
また次に向けて頑張りたいと
彼女の言葉を聞いて思いました

なかなか結果の出ない彼女達ですが
サポーターは決して諦めません
そして選手達も!

これからもアルビをよろしくお願いします
| 矢崎 | 2008/09/21 5:58 PM |
> 矢崎さん
 コメントありがとうございます。

 そしてお返事が遅れてすいません。

 私は「審判はミスを起こす」という前提で試合を見るようになってから、精神衛生が好転したような気がします。

「どちらかのチームに故意に勝たせよう」というプロ中のプロでない限り、原則として「どちらにも公平に下手」なものです。90分間、あの広いピッチを3人で見ているわけですから、間違いが起きないほうがおかしい。それに完璧さを求めるから文句を言いたくなるわけです。



 この取材日、元・宝塚バニーズの監督をされ、現在は吉備国際大学で指導をされている高藤さんとニュージーランド戦の話をしてきました。

「イワシ(岩清水梓選手)に聞いたんだよ。『オマエ、あの時、何したの?』って」と高藤さん。

 岩清水選手の答えは「私は何もしていません。たぶんPKは、福ちゃん(福元美穂選手)のプレーをファールにとったんだと思いますけど。笛が鳴った後、審判に文句を言ったら、私にカードが出ました」とのこと。

 高藤さんは「『ほら、なでしこと吉備との練習試合の審判のほうが、遥かにマシだっただろ?』って言いました。まあ、その審判っていうのは私のことなんですがね」と。「オレのほうが上手かったろ?」と、ただそれを言いたいがために、岩清水選手へ尋ねたんじゃないかと思えるようなオチでした。

 ちなみに、なでしこジャパンの佐々木則夫監督は、2本のPKについて「向こうの2点目は不可解なPK。こっちの1点目は普通にPK」と笑いながら、言い張っていらっしゃいました。私の目から見ると、日本の1点目もPKに取られるプレーじゃなかったと思います。「有利な笛は正常な笛。不利な笛は異常な笛」。現場の気持ちは、そんなものです。



 さて、美作のゲームです。

 まず、PKはスタンド中央から見る限り、よくわかりませんでした。自陣ゴール付近でご覧になられていた新潟サポーターの方は、しっかりと確認できたのかも知れませんが、私の位置からは判断がつきません。ただ、あのPKが新潟にとっても、岡山湯郷にとっても大きな1点だったとは思います。

 次に、退場のシーンですが、あれは明らかにファールでしたし、イエローカード(2枚目)が出ても仕方のないプレーだったと思います。「試合が荒れる前に、早くカードを出してくれ」という声もあります。この試合は結構、イエローカードが出ていましたが、私はむしろ日頃のゲームのほうがカードを抑え過ぎだと思っています。

 どちらのジャッジも、新潟にとって致命的なジャッジだったのは間違いありません。だから、一所懸命新潟を応援している当事者としては、文句を言う権利はあるでしょう。



 ただ、ひとつ覚えておいてほしいのは、審判の皆さんも我々と同じ人間だということです。彼ら(彼女ら)なりに試合へ向けて最善の努力を行い、そして裁いてくれているということです。

 良い試合を作るために、ものすごいプレッシャーを背負っています。試合後すぐに研修会が開かれ、そこでミスジャッジを叱責され、あまりにもひどいと判断された時は、しばらく笛を吹く機会がなくなります。また、指摘がなくても、たったひとつのスローインの刺し違えを、いつまでもクヨクヨと悩んでいます。

 毎週、何十キロと走って体調管理に努め、仕事のスケジュールを調整して、家族サービスを放棄して、試合日をあけている。そこに想像力を働かせてもらいたいと思います。

 念のために書いておきますが「審判は神様なんだから、文句を言うな」というんじゃありません。審判はミスをするサッカー仲間。非建設的な罵詈雑言ではなく、チームメートのミスを咎めるような声を、審判=サッカーの試合を作っている仲間に向けてほしいと思います。



 まもなく、試合レポートもアップされると思いますので、そちらもご覧になってください。
| 西森 | 2008/09/21 5:54 AM |
突然のコメント申し訳ありません
西森さんは湯郷vsアルビは観戦されたんですよね?
この試合どんな風に感じました?
正直、私は素人なのでああだこうだと
意見を言うほどではありませんが
北京オリンピックでのなでしこの初試合の時
公式戦なのにこういうジャッジをする審判を使うのかと
少し・・・・?の感じでした
今回のこの試合も?でした
ジャッジは個々の感性でするものなのでしょうか?
協会では定期的な講習も行うのでしょう
判定基準のようなものはないのですか?

こういう場でこのような意見は芳しくないと
お感じになるようでしたら
削除していただいても結構です

ただ経験豊富な西森さんのご意見を
お聞きしたくて書かせていただきました
| 矢崎 | 2008/09/19 8:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2002world.jugem.cc/trackback/775
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
2002world.com
PROFILE