topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
 スタッフのつぶやき
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
普通でよし。

東アジア選手権初戦、なでしこジャパンは中国と対戦し、2対0で勝利しました。詳しくは「なでしこ、連覇へ好発進。地力を見せつけ、中国を一蹴。」をお読みいただきたいと思います。

マッチレポートでも書きましたが、絶賛するほど、取り立てていいデキだったとは思いません。新しいポジションに入った選手たちを初めとして、パスの連携が乱れる場面も目につきました。しかし、普通(またはやや不調)のデキで、中国に危なげなく勝ってしまう。5、6年前まで勝ち方がわからなかった相手は、いまや完全なカモになっています。

普通と言えば、宮間選手のフリーキック。あの位置でFKになると、我々は「1点もらったな」と思ってしまいます。そして実際にこれを簡単にねじ込んでしまう。「なでしこゴール」の著者・砂坂美紀さんも、「PKですからね」とニッコリしていました。まあ、宮間選手に言わせると「まだ、このボールの特性を掴めていないので……」ということですが。

これでは対戦相手はたまりません。中国のメディアが佐々木則夫監督に恐る恐る尋ねたのは「今日のゲームを見ていると、日本は次のアジアカップで中国と対戦しても、絶対に勝てるんじゃないか?」。佐々木監督は「まだ我々も、中国と次に対戦した時に、絶対に勝てると言えるようなチームじゃない」と武士の情けをかけていましたが、誰の目にも勝敗が入れ替わるとは思えない内容でした。
 
これまではいい時と悪い時の差が激しかった。ひとつ歯車が狂うとおかしな結果につながる危うさをはらんでいました。それを払拭しての快勝。この安定味を、本当に頼もしく思います。


西森彰
| 取材現場から | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2002world.jugem.cc/trackback/848
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
2002world.com
PROFILE