topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
 スタッフのつぶやき
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
有利な状況で最終戦に。
SAMURAI BLUE=日本代表は、オランダとのゲームを0対1で乗り切りました。そして、グループEのもう一試合でデンマークがカメルーンに1点差勝ちという、これ以上望めない結果が。これで日本は最終戦、ドロー以上の結果で自力グループ突破が決まります。

このオランダ戦、90分間の中でのポイントは、開始15分で決めに来たオランダのラッシュを凌いだことです。ここでゴールを奪えなかったことでオランダから「与し易し」という余裕が消えていきました。90分間の殴り合いに持ち込まれたら、当然ながら、決定機の差をそのままスコアに反映されていたと思います。

そして、警戒感を発生させたのは、やはり90分間以外のところにあったと思うのです。それは1年前の親善試合。あのゲームは3点取られた後半も含めて、岡田ジャパンのベストゲームだったと考えています。前半は、どこまで持つかを試すために後先考えずに走りまくった。あれを体験したオランダは「日本とマラソンをやったら勝てない」という意識が生じたのではないでしょうか。ボールをキープしながら、日本の選手の足を丁寧に潰そうという戦い。しかし、それはロースコアゲームしか勝機を見出せない日本にとっては思う壺の展開だったのです。

敗れはしましたが、カメルーンの敗退が決定。繰り返しになりますが、デンマークとの間に得失点差のアドバンテージが生じたため、引き分けでOK。実は、岡崎選手のゴールが決まって、オランダ戦に引き分けていたとしても、最終戦の状況はほとんど変わらなかったんですね。

デンマークも日本と同じく、強固な守備が持ち味。これをこじ開けなくてはいけないとなると、厄介です。しかし、相手の攻勢を受ける戦いはカメルーン戦、オランダ戦と同じ。しかも、このシステムでのゲームも練習試合を含めて3試合をこなして、選手間の連携も更にうまくいくはずです。

深夜のゲームですが、期待して起きることにしましょう。


西森彰
| ワールドカップ | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2002world.jugem.cc/trackback/858
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
2002world.com
PROFILE